リモコンは1本10円の100均の黒いマンガン電池で十分!家庭の電池を見直してみた。

子供のおもちゃに電池が必要で買おうと思ったんだけど電池って結構高いんだ。エボルタなどのアルカリ電池で1本100円くらい。エネループなどの充電式電池で1本250円くらいする。

100均でも電池は売っているけど安かろう悪かろうだと思っていた。けどどうやら違うらしい。昔よく見た黒い電池。マンガン電池も使うことは無くなった。でもこれもどうやら違うらしい。

電池の使用目的に合った選び方

要するにマンガン電池。アルカリ電池。ニッケル水素電池。それぞれの特徴を理解して適材適所で使うのが一番いいってことだ。

うちのリモコンを並べてみるとこんな感じ。テレビとエアコンとエアコンと照明×3。

肝心の電池はこうなっていた。思いのほかエネループだった。電池的にはかなり勿体ない?使い方をしていたのかな。

近所の100均で買ってきたのがこちら。アルカリもマンガンも100円 (税込110円) だ。アルカリ電池は1本あたり16円。マンガン電池は1本あたり10円という驚きの安さ。 エボルタ1本で5本は買える。

電池の性能評価-エボルタと100円均一の電池はどの程度違うのか?-

100均の電池と高価なエボルタの性能差はせいぜい1.2倍くらい。 価格程の差は全然ない。 重要なのは使用期限を守ること。100均の電池でも7年は持つので十分。

早速電池を入れ替える。リモコンにはマンガン電池が最適らしい。白いエネループが黒いマンガンに置き換わった。

単3のマンガンは買ってこなかったので、とりあえずエネループのまま。

電池ケースもあると便利。これはしばらく前にアマゾンで購入したもの。充電済みと使用済みで分けて入れるつもりだった。

長年疑問に思っていた電池の謎がやっと理解できた。

エネループなどのニッケル水素充電池は確かに万能だけど、リモコンなどに使うには高価すぎる。リモコンの電池なんて年単位で交換しないから10年使っても10回くらいしか充電しないんじゃないか。

10年も経てばさらに高性能で安価な電池も開発されているかも知れない。これからはマンガン電池と100均の電池も使っていこうと思う。それが多分賢いやり方ってやつだ。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です