娘の食事に便利な炊き込みごはん

最近娘は良く食べるようになった。1歳半くらいまでは本当に食べなくて、どうしたら食べてくれるのかいつも悩んでました。赤ちゃんのくせに全然むちむちしてなくて、スマートすぎて同くらいの月齢の子と比べたら姿かたちが全然違うんですもん。

1歳くらいの頃には、表現が非常に良くないけど、映画よく見る銀色のシュッとした宇宙人みたいなシルエットになってしまった。なんだか赤ちゃんらしさが短かった子供だったなあ。

話したいことからずれてしまったけど、最近はお父さんが作ったトマトパスタやフレンチトーストなんかの炭水化物もよく食べてくれるようになりました。1歳すぎくらいまでは炭水化物をほとんど食べなくて、おひたしや豆腐ばかり食べていたから、まとまった量の炭水化物を食べてくれるようになった今は本当に嬉しい。

今日なんかはお昼寝をしてくれなくて、3時少し前の頃にはもうお昼寝は諦めて夜早く寝せる作戦に変更しよう!!と気を取り直しておやつ食べさせ、お散歩させ、なかなか充実したんじゃないかな~?と思った矢先のこと。
おうちに戻ってすぐ、アンパンマンを見せてすぐ夕ご飯をたべさせちゃおうと思って急いで支度していたら、なにやら娘がテレビ見ながらお気に入りのベビー毛布の上に転がってゴロゴロしていた。ゴロゴロしてるのはいいけど、なんだか動きがのろのろしてきた!やばい!早くご飯食べさせなきゃ!!!

急いで冷凍しておいた、娘の大好きなきのこたっぷりの炊き込みご飯をレンジでチンしたけど、残念ながら間に合いませんでした。このとき4時50分くらい。いったいコレは昼寝なの?夜寝なの?失敗した…

きっと夜寝だ。朝まで起きてこないだろうと高をくくっていたけど、なんと夜7時におきてきた。絶望的だ。

でも大丈夫!さっき温めた炊き込みご飯で、万が一起きてきた用のおにぎりを握っておいたから。それだけで心に余裕が生まれます。
娘も寝ぼけながらも炊き込みご飯おにぎりを完食してくれました。ベビー茶碗1杯くらいの量はあったし、具材もしめじ、とりむね、にんじん、ごぼう、油揚げを入れていたからそれだけでいろんな食材から栄養を取れてる。お米を量食べてくれるようになったから、炊き込みご飯があると色んな野菜やたんぱく質を一緒に食べてくれて、最悪おかず無しでもなんとかなる!って安心感もある。

結局今、9時半になっても寝てないけど、炊き込みご飯のストックが無かったら1からご飯の準備をしなきゃいけなくて、大変だったと思う。
これからはもう少し、炊き込みご飯のレパートリー増やしていこうかな。
ツナとか入れるとなんだかお米同士の粘りが無くなっておにぎりがボロボロになってきちゃうから、そうならないおいしい炊き込みご飯が作れるようになりたいです。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です