トマトの素朴さが味わい深いリボンのパスタ。バターと塩だけのシンプルな味付けは子供にもおすすめ!

最初は普通のマカロニとかで作っていたけど、あるときスーパーでリボンの形のパスタを見つけてからはこれで作るようになった。

うちではリボンのパスタと言ったらこのトマトソースのシンプルなパスタのことだ。今ではうちの娘の好物のひとつになっている。

まずは下ごしらえ。といっても玉ねぎを切るだけだ。使うのは半分。

玉ねぎは半玉をみじん切りにする。切り方は何でもいいんだけど、うちの娘はみじん切りじゃないと玉ねぎを食べないので。

鍋にお湯を沸かして塩を入れる。分量は小さじ1。ホントは10gくらい入れてもいいのかな。

パスタは200g。これも250gくらいでもいいと思う。

このリボンの形が絶妙。箸の練習にちょうどいいかと思ったけどやっぱり難しかった。 大人でもツルツル滑って結構手強い。

鍋にパスタを入れたら軽く混ぜる。キッチンタイマーも忘れずに。

パスタを茹でながら並行してトマトソース作り。フライパンを温めオリーブオイルを大さじ1くらい。

オリーブオイルって子供平気なのかな?と思って今更ながら調べてみたけど、むしろ子供にはオリーブオイルいいらしいね。海外では離乳食にオリーブオイルを使うのは普通らしい。

みじん切りにした玉ねぎをしんなりするまで炒める。

あらごしトマト1パックを投入。これもカットトマトでもいいんだけど、うちの娘はトマトと分かると嫌がるので。

塩小さじ1/2と、バターも加えて中火でじっくり煮詰めていく。

パスタが茹で上がりました。

トマトソースもいい具合に煮詰まってきた。ここで味見をする。煮詰めることでトマトの甘みが強くなって、このソースだけでもしっかりうまい。

茹で上げたリボンパスタを入れ、トマトソースと合わせる。

今日の出来高。大体160gくらいのリボンパスタが4個。このまま冷凍して食べるときにレンジで温める。

容器は楽チンパックを使った。プラスチック容器では安価で使い勝手もいいので一番のおすすめ!

トマトの素朴さが味わい深い。余計な旨み調味料も入ってないし子供が食べるにもいいと思う。

パルメザンチーズをかけるのもいい。こういうショートパスタは常備菜としても優秀だから作り置きしてあると便利なんだよね。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です