(2歳4ヵ月)初めての保育参観にパパとふたりで。前編

この夏から娘が通っている保育園の保育参観にパパとふたりで参加してきました。

保育園でどんなことをしているのか、覗けるなんてワクワクします。

でも、パパとママがいたらはしゃいで先生の言うこととか聞かなくなっちゃうんじゃないかな?
保育園でのいつもの感じが見られるのかちょっと心配。

朝。

私と娘が出発する時間にはいつも寝ているパパが起きてきました。
もうその時点で娘のテンションはぐいぐい上がります。

前日の夜に「あしたのあさ、いっしょにごはんたべよう?」と、パパとごはんが食べたいと私にお願いしていたけどパパはぎりぎりに起きてきたのでその希望は叶わず・・・

『ちびちゃん、一緒に食べられなくて残念だったね。もっと大きくなったらパパに文句言っていいよ。』

朝ごはんは一緒に食べられなくも、保育園へは親子三人で車に乗って出かけます。
娘はもう大はしゃぎ。
やっぱりパパと一緒は嬉しいよね!

保育園に到着して教室で見学開始です。

教室に入るとまずびっくり。
おちびちゃんたちにぐるりと囲まれます。

おちびちゃんたちは各々に、自分の持ってるおもちゃを自慢気に見せつけ一生懸命話しかけてきます。
あっちからこっちから終わりがありません。
もうわが子の話し相手とかしている暇がない。苦笑

そんな状況でも娘の姿を目で追います。
娘は先生に出席ノートを開いてもらいシールを自分でペタリを貼っていました。
いつもきれいに枠の中に整列して貼れていたので先生に貼ってもらっているのかとばかり・・・
おもわず「いつも自分で貼ってるんですか!?」と先生に確認しちゃいました。(先生「自分で貼るんですよ~」って言ってました。)

お友達がママに群がっているのを見て、娘はあいかわらず「○○ちゃんのママなの!!」とプンプンしています。
最近はお母さんがよその子を相手にしていると必ず言うセリフです。
うちの子は結構ヤキモチ焼きみたいです。

こんなにも大勢のおちび達を、公平に、安全を確保しながら見守ってくれる先生がたに感服です。

後から合流するパパもきっと圧倒されるだろうな、と思った所にパパ登場。
やはり2人の子供が近寄ってきてブロックを見せてくれています。
予想通り、引き気味です!
いや、思ったよりはマシだったかな?笑
もっとのけぞって嫌がるかと思ったよ笑!!!成長してるじゃん、パパ。

そのあとは朝の点呼、絵本、おトイレ~って流れだったかな。
お名前を呼ばれたとき元気に手を挙げていました。
大きなお返事も聞かせてくれるかと思ったけど、それはちょっと難しかったみたい。
まだ反応もしない子もちょこちょこいたし、元気に手を挙げられただけでも十分だよね。
クラスで一番おちびさんだもんね。

おトイレはおしっこしたい子はトイレに座って、おむつが濡れてたら替えのパンツに履き替えて、おむつ濡れてないししたくない子達は先に席に座っておやつの準備をしてました。(たぶんそんな感じだったと思う。)
先生が「おむつを持ってきて~」って言うとおちびたちが一斉に自分のロッカーからおむつを取ってくることにびっくり。
みんなロッカーの場所わかるんだね、エライね!!
もう大人が手を貸さなくても、自分のことは自分でできちゃうんだね。
こんなにも大人の言ってることを理解していて、ひとりでできるってことは知らなかったな。

いつものお世話は余計なお世話だったね。勉強になりました。

長くなるので続きは次回!

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です