トイレトレーニングを頑張る2歳8カ月。おむつをネピアGenki!からユニ・チャームのマミーポコに変えることにした!

今年の元旦から毎日トイレに誘っていますが、「といれいかない!!」と相変わらずのわが娘。

おまるや補助便座を使ってしゃがんではみるものの、今までに一度たりとも成功したことはありません。
トイレトレーニングってこんなに難しいものだなんて知らなかった・・・

トイレトレーニングが一向に進まないのはなんでだろう?
うちの子はもっともっと早くおむつ外れると思ってたのに・・・
わりと上手にお話ができるからおしっこに行きたいという意思表示は簡単にできてもおかしくないはず。

なぜだ???

『もしかしたら、おむつが快適だから別におしっこまみれでも気持ち悪くないのかしら?』

娘の愛用おむつはだいぶ前からずーとネピアのGenki!を使っています。

アンパンマンのイラストでとってもかわいい!

うちの娘は一歳前からアンパンマンが大好きで、そのころから愛用するようになった気がします。

大好きなアンパンマンだからおむつ替えの時にどのキャラクターにするか選ぶのも一つの楽しみだったみたい。
「パンナちゃんがいいの!」「どんどん(丼ぶりトリオ)!」とか色々注文を付けられました。

娘のアンパンマン愛が強かったことも今まで変えなかった理由の一つだけど、手触りが抜群に良いのも大きな理由の一つでした。

Genki!はネピアが作っているおむつです。
ネピアって言ったらティッシュですよね!
ティッシュメーカーの作るおむつだから、手触りがティッシュのようにふんわり柔らかで、ゴワゴワせず、スッキリともたつかないシルエットが私も大のお気に入りでした。

母子で大満足で使っていたおむつだったのですが、もしかするとおむつに大満足していてはだめなのではないだろうか?

ということで、おむつにちょっと不満を持ってもらおうということで、ドラックストアで断トツ安いユニ・チャームのマミーポコに変えることにしました。

大好きなアンパンマンで無くなったのはショックなはず!

ユニ・チャームさんには申し訳ないんですが、思う存分がっかりしてくれ!

初めてマミーポコを履かせたときの反応は、別にドラえもんでも問題ないみたいでした。
むしろまあまあ喜んでいる状況に母ががっかり。

でもマミーポコ2袋目くらいになってからGenki!時代とは変わったことがあります。

おまたの余った部分を気にするようになりました。
明らかにちょっと不満気です。
もっこりと膨らんだおまたをいじいじしています。
この状況に娘以上に、夫が私に不満をぶちまけてきます。

「おむつ、いくら何でも大きすぎるんじゃないの!?服着ててももっこりしちゃうじゃん!」

夫よ。それでいいのだ。
今娘に必要なのは快適なおむつではなく、ちょっと不快なおむつなのだ。
母がそれを狙ってわざとやっていることだから、それでいいのだ。

Genki!はMサイズを使っていましたが、パンパンになってきたことからサイズアウトを機にマミーポコに変えたので単純にLサイズは娘には大きい、もしくはマミーポコが比較的大きな造りになのかもしれませんが、まあなんにせよちょっと不満があるようです。

いい傾向です!

そして他にも変わったことが。
最近夜の寝かしつけの時間におしっこをほんの少しだけしてしまいます。
しかも、一晩に2、3回も。

ちょこっとおむつを濡らしては、濡れているのがイヤだからおむつを変えると自分で脱ぎ脱ぎ。
今日は寝かしつけの約1時間だけでおむつを3回も変えていました。
どれを見てもまとまった量のおしっこは出ていません。

この行動はGenki!パンツでは一度もなかった行動です。

ちょっと濡れただけでも、なんか嫌なのでしょうか?

ちょっとだけ漏らしてしまうという行動も気にはなりますが、漏らしたおしっこが「なんだか嫌だ」という感情があることは間違いなさそうです。

おむつが濡れるのがイヤ→トイレで試しにおしっこしてみた→おむつ濡れなくて快適→お姉さんの綿パンツにstep up!

となってくれるでしょうか!?

乞うご期待です!

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です