スマホで英単語勉強!私流、暗記アプリAnkiの使い方

最近の英語の勉強は、英単語の暗記とYouTubeの英語のおとぎ話を聞くことを続けています。

英単語の勉強は断然暗記アプリ「Anki」が効果的。

以前はYouTube動画でわからなかった英単語を自分でピックアップして、単語帳をオリジナルで作っていたけど結構手間だし、学習する単語数が少なすぎだし、偏ってるしで効率が悪いなと感じました。

だから、アプリ内にある他の人が作成した単語帳(公開されている共有デッキ)を取り込み、それを利用しているけど、その方が断然効率的でクオリティーが高い!

私が選んだデッキは4000語が収録されていて、音声、発音記号、例文読み上げ、例文関連画像まで載っています。

何となく選んだデッキだったけど、ものすごく使いやすくて重宝してます。

こんな感じ↑

読み上げ機能があると、ネイティブの発音が聞けてものすごくいい。

Ankiのこのデッキを取り込むまでは、わからなかった英単語をピックアップ→日本語に訳す→さらに発音がわからないから発音読み上げ機能があるサイトを探す。

この作業がめちゃくちゃめんどくさかった!

でも、この画像を見て「日本語訳書いてなくてわかんないんですけど・・・」、って人もいるんじゃないかな?

私もそう思った!!

同じこと思った人絶対いるよね?!

でも大丈夫!

スマホは便利だからこうすればいい!

単語部分を長押しする(スマホの機種によって違うのかな?とにかく選択する。)

すると上の画像のように、翻訳、コピーなどの選択肢が表示される。

そしたら、翻訳を選択。するとこうなる。

コレで和訳ができちゃう。

Ankiアプリの例文英語内のわからない単語だって、もちろんこの方法で調べられる。

この方法を使えば、英単語の暗記も、発音も、ネイティブが発音する例文までサクサク勉強できちゃうのです。

それになんといっても、記憶に定着していない単語を見極めて出題頻度を勝手に管理してくれるこのアプリは最高の暗記ツールです!

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です