ご飯によく合うチキンソテーのトマトソース煮込み。ケチャップとウスターソースとお酒でこっくりとスパイシーに仕上げる!

目指したのはごはんに合うチキンのトマト煮。

トマト缶はあらごしトマトを使った。

野菜は玉ねぎとしめじとにんにくを使う。

玉ねぎは1/4玉を2㎜くらいの薄切りにして、にんにくは皮をむいて半分に切る。

しめじは半パックを石づきを落とす。

最初にしめじをから炒りする。鶏肉の下処理と並行してやるといい。

鍋にしめじを入れて油を入れずに中火で炒める。

最初の5分は動かさずにじっと待つ。しめじが汗をかいてくる

5分経ったら時々混ぜながらしめじが乾燥するまで炒める。

白い煙が出なくなり、カサが1/3程度に減ったら炒め終わり。

大体10分くらい炒めればいいと思う。

しめじは一旦お皿に取り出しておく。

ここからは鶏肉の準備。使うのは鶏もも肉。

まずは余分な皮や脂身を落として。

適当に4つに切り分ける。

切るところはお肉の凹んでいるところ(薄いところ)を目安にする。

身の厚いところは観音開きにして、焼いたときに縮まないように筋切りをする。

両面に塩コショウを振って。

小麦粉をまぶす。

きのこを焼いた鍋にオリーブオイルを大さじ1と半分入れる。揚げ焼きにするので小さい鍋がいい。

コールドスタートで調理するのでまだ火はつけない。

鶏もも肉を皮目を下にして並べて、半分に切ったにんにくもひとつ入れる。

ここで火をつけて調理開始。中火でじっくり揚げ焼きにする。

低温から焼くことで皮と肉が縮みにくくなる。

大体7分~8分焼いたらひっくり返して裏側を焼く。

皮目を焼くときはにんにくが焦げすぎないように注意する。

裏面は2分~3分焼けばいい。

鶏肉が焼けたら一旦取り出しておく。

鶏肉を焼いた鍋に残りの半分のニンニクを入れて弱火で香りを出す。

にんにくの香りがたったら玉ねぎを入れて炒める。

玉ねぎがしんなりしたらから炒りしたしめじを入れて軽く炒める。

酒大さじ2を入れて軽く煮詰めてアルコールを飛ばす。

トマト缶200mlに水100mlを加えて、ケチャップとウスターソースを大さじ1ずつ入れる。

ここから中火で煮詰めていく。

5分だとまだ水っぽいかな。

10分煮詰めて大体いい感じの濃度になった。

仕上げに塩をふたつまみ加えて、鶏肉を食べやすい大きさに切って鍋に入れる。

こういうときは包丁よりキッチンばさみを使うと簡単。

トマトソースを絡めながら少しに火かけたら「チキンソテーのトマトソース煮込み」の完成。

前から何度か作ったことのある鶏肉のトマト煮込み。レシピを整理しながら作ってみた。

目指したのはごはんに合うチキンのトマト煮。

ケチャップとウスターソースとお酒でこっくりとスパイシーに、トマトもしっかりとした濃さになるまで煮詰めた。

今日はブラックペッパーをかけて丼にして食べた。

お嫁さんの評価も上々。なかなか良く出来たと思う。

きのこのから炒りははじめて知った調理法だ。

から炒りするときのこの香りと風味が強くなる。味が凝縮する感じかな。

ちょっとした手間だけど料理のレベルが一段上がるような気がする。

次は少し味付けを変えてパスタに合わせるトマト煮を作ってみよう。

パスタなら娘も食べるかも知れないな。

<材料>
鶏もも肉:1枚(約300g)
玉ねぎ:1/4玉
しめじ:1/2パック
にんにく:1片
トマト缶:1/2缶(200ml)
水:100ml
酒:大さじ2
ケチャップ:大さじ1
ウスターソース:大さじ1
塩:ふたつまみ
塩コショウ:適量
小麦粉:適量
オリーブオイル:大さじ1と1/2

<参考レシピ>
【初心者必見】鶏もも肉のトマト煮のレシピ。意外と知らない肉の下処理で味に差がつく!【FOODIE】
簡単やわらか〜♡チキンのトマト煮込み【クックパッド】

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です