間違いだらけのおむつ処理。臭いに敏感な人ほど防臭ペールは必要ない!

おむつの臭い対策。防臭ペール選びはオムツを捨てる時の手間、ゴミ箱を置く場所、専用ゴミ袋のランニングコストなど複合的に考えて選ぶ必要があります。

現状単体で完全にオムツの臭いを封じ込めるゴミ箱はないです。防臭ポリ袋を使ったり、うんちはトイレに流してから捨てるなどオムツを捨てる前に一手間かけるなど工夫しています。

おむつ用ゴミ箱を選ぶポイント!

【臭い漏れ】臭いに敏感な人ほど防臭ペールは必要ない!

おしっこのオムツであればそこまで臭いが気になるということはないと思うけど、 臭いというのは感じ方に個人差があるので難しい。

アマゾンのレビューを見ていても、臭いに敏感な人は基本的にはどのゴミ箱を使ってもダメなんだよね。こういう人は独自で徹底した臭い対策をしている。

  • うんちはトイレに流してからおむつを捨てる。
  • 防臭ポリ袋などでオムツを密封する。
  • 臭いのきついオムツはリビングのゴミ箱に捨てない。

うちの場合もすでにオムツのゴミ箱はリビングに置かないようにしているので、一番家族が過ごす時間が長いリビングでオムツの臭いに悩まされることはない。

オムツ専用ゴミ箱もカートリッジの値段が高いので使うのを止めて、普通のフタ付き(2重ではない)のゴミ箱にオムツを捨てている。

ゴミ出しの時。これはどのゴミ箱でも臭います。

どのゴミ箱を使ったとしても、ゴミ出しのときはゴミ箱の内部にアクセスするので、構造的に臭い漏れをなくすのは無理です。

これをどうにかしたいのであれば、オムツを捨てる時に臭い漏れを抑える工夫をするしかないです。防臭ポリ袋などでおむつを密封して捨てる。オムツ用消臭剤をゴミ箱の内側に張る。

特にオムツを密封して捨てるのは効果が高い。値段は高いけど防臭ポリ袋を使うのが確実、一般の食品用のポリ袋を使う場合はポリ袋を二重三重にして密封する。

オムツ用消臭剤はあくまで補助的なものなので、まずはオムツを個別で密封して臭いを封じ込めることを徹底するしかないです。

うちではゴミ捨てのときの臭いは諦めて我慢していました。

【デザイン性】ゴミ箱をリビングに置かないという選択肢もある!

デザイン性はゴミ箱を置く場所が重要になる。リビングに置く場合はいかにもゴミ箱といった雰囲気のものよりは、デザイン性が高いオシャレなものの方がいい。あとは素材の質感などで決めればいい。

ただ実際ゴミ箱が近くにあった方がいいのは、消化器官が発達していない生後6ヶ月くらいまでかなと思う。

うちは1歳くらいまではリビングにゴミ箱を置いていたが、カートリッジ式のゴミ箱を止めたのを機に、お風呂場の脱衣所に移動した。

今は2歳くらいだがオムツの交換頻度は日に5回くらいで、保育園にも通いはじめたので、家で交換するオムツはもっと少なくなる。
こうなれば別にリビングの手の届くところにゴミ箱がなくても不便ではない。

そもそもうちの場合はゴミ箱は最低限しか置かないようにしていたので、いつでも手の届くところにゴミ箱があるという環境ではないんだよね。だから別に不便とは思わない。

【安全性】生後3ヶ月までは安全性よりも利便性が重要!

子供の手の届く場所にゴミ箱を置く場合は安全性を気にするべきだけど、いたずらできるようになるには、赤ちゃんがそれなりに動けるようになってからなので、それまでは気にする必要はないと思う。

具体的にはハイハイやつかまり立ちをはじめたら、ゴミ箱の安全性を気にすればいいと思う。

生後9~10ヶ月が一般的にハイハイをはじめる頃ですが、個人差がかなりある。
この頃には生まれた頃に比べれば、おむつの交換頻度も少なくなっているので、子供の手の届かないところにゴミ箱を置くというのも考えた方がいい。

そもそも子供の手の届く範囲にゴミ箱を置かなければ安全性など気にする必要がない。

うちで使っていたアップリカのゴミ箱はフタがボタンを押し込んでから引き上げるようになっているので、 子供が簡単に開けられないように配慮した構造になっている。

たしかにこれは安全だが、開けるときの手間が増えるというデメリットがある。慣れればある程度スムーズに開けられるようになるが、日本育児のペダル式のフタなどに比べれば煩わしいのは間違いない。

実際安全性が問題になるのは赤ちゃんがある程度成長してからだし、逆に生まれて間もない生後3ヶ月くらいまでの間はおむつの交換も多いし、オムツを交換する場所の近くにゴミ箱があった方がいい。
この期間は安全性よりも、フタが簡単に開けられるゴミ箱の方が使い勝手がいいのかなと思う。

ある程度子供が成長して、ゴミ箱の安全性が気になるころには、オムツの交換頻度が少なくなって、ゴミ箱を子供の手の届かないところに置けばいいということになる。

こうやって考えると、フタの安全性に配慮したゴミ箱というのは、子供の成長に合わせた使い勝手を考えるとなんか矛盾しているような気がするんだよね。

うちの場合1人目の子供だからそう思うのかな。年の近い兄弟がいる場合は、またゴミ箱の安全性は考え方が違ってくるかも知れないけどね。

【容量】ゴミ出しの回数と併せて考える!

うちで使っていたアップリカのおむつ用ゴミ箱は容量は大きい方だが、容量が足りないと感じることもままあった。

お腹の機能が発達していない生後半年くらいまではオムツの交換頻度が多い(日に10回程度)ので、特に容量に不満がでる。

1日10回おむつを交換するとアップリカのゴミ箱では3日でいっぱいになってしまう。

うちの地域では可燃ゴミの回収は週に2回なので、3日か4日に1回はゴミ出しするのだが、もうちょっと入ればと思うことが結構あった気がする。

ゴミ出しのタイミングの4日くらい持ってくれるのが理想だが、そうなるとおむつ40枚になるので、これは実際ちょっと難しいかな。防臭ペールだとおむつ20枚前後が一般的な容量になる。

単純に考えれば2倍の容量のゴミ箱を使うか、ゴミ箱を2個使えばいい。

カートリッジのコストを抑えるという意味でも、うんちの付いたおむつはカートリッジ式のゴミ箱に、 おしっこのおむつは普通のゴミ箱に捨てるなどすればちょうどいいと思う。
カートリッジの専用ゴミ袋の使用枚数も減るし、ゴミ出しに合わせてオムツを捨てられるのでいいと思う。ゴミ袋の交換は面倒だし、なによりこの時ばかりは確実に臭い漏れが発生するから大変なんだよね。

おむつ用防臭ペールをデータで比較!

専用カートリッジ・ゴミ袋(コストパフォーマンス)

  • アップリカニオイポイ:約150枚×3(2,500円)
  • コンビポイテック:約105~120枚分×3(2,600円)
  • コンビスマートポイ:約180枚分×3(2,300円)
  • 日本育児Color Korbell:約240枚×3(2,200円)
  • Ubbi:42枚×75(3,500円)
  • 防臭ポリ袋BOS:1枚×200枚(1,900円)

アマゾンの価格で計算すると1ヶ月(150枚換算)のカートリッジにかかる金額は

  • アップリカニオイポイ:833円
  • コンビポイテック:1,083円
  • コンビスマートポイ:638円
  • 日本育児Color Korbell:458円
  • Ubbi:166円
  • 防臭ポリ袋BOS:1,425円

生まれてから3ヶ月くらいはおそらく倍の量のオムツがでるので、1日に10枚。1ヶ月で300枚くらいのおむつゴミがでる。そう考えるとこの2倍の金額がかかる。

コンビのポイテックだと1ヶ月で2,000円と結構な金額になってしまう。
西松屋などの量販店で購入すれば少しは安くなると思うけど、それでも普通のゴミ袋に比べればかなり高額なのは間違いない。アップリカのカートリッジの場合、同じものが2,000円以下で購入できたと思う。

一般のゴミ袋なら1枚10円~20円くらいだ。月に10枚使用したとしても100円~200円と圧倒的に安い。コンビのポイテックと比較するとおよそ10倍以上の価格差になる。
いかにカートリッジ式のゴミ袋が高いかということだね。

ただそれでも防臭ポリ袋で個別におむつを密封するよりは安いということは重要だね。防臭ポリ袋BOSは単体で臭い対策としてはほぼ完璧なので価格で単純に比較するのは難しいけど。

カートリッジ式のゴミ袋の場合、ゴミ箱自体の価格は2,000円以下で購入できてお得感があるが、ゴミ袋の単価で利益を出すような考え方なのだろう。

これはジレット商法と言われ、男性用のカミソリや、家庭用のインクジェットプリンタなども同じビジネスモデルだ。安易にゴミ箱が安いからと購入すると、その後にさらに大きな金額を払い続けることになる。

収容量の目安

  • アップリカニオイポイ:赤ちゃん用紙おむつフラットタイプ32枚程度/パンツタイプMサイズ24枚程度, Lサイズ21枚程度
  • コンビポイテック:赤ちゃん用紙おむつ約20枚
  • コンビスマートぽい:赤ちゃん用紙おむつ約18枚
  • ピジョンステール:Sサイズ紙おむつ約25枚
  • 日本育児 Color Korbell:Sサイズ紙おむつ約20枚(容量16リットル)
  • 防臭ペール:赤ちゃん用紙おむつSサイズ約20枚(容量14リットル)
  • Ubbi:市販のゴミ袋(30ℓサイズ)をセットして、約30枚分の丸めたおむつが入る大容量。専用ゴミ袋では42個のおむつが入る計算。
  • Primanova スタイリッシュペール:市販の30リットルのゴミ袋が最適サイズ

フットプリント・サイズ

  • アップリカニオイポイ:幅21.8cm×奥行き36.4cm×高さ49cm
  • コンビポイテックアドバンス:幅29.2cm×奥行き25.5cm×高さ44.3cm
  • コンビポイテック:幅29.1cm×奥行き25.5cm×高さ45.4cm
  • コンビスマートぽい:幅29.1cm×奥行き24.6cm×高さ44.2cm
  • ピジョンステール:幅25.7cm×奥行26.1cm×高さ51.5cm
  • 日本育児 Color Korbell:約幅30cm×奥行き21.5cm×高さ53.5cm
  • 防臭ペール:梱包サイズ30cmx21cmx47cm
  • Ubbi:約幅24.5cm×奥行き35cm×高さ55cm
  • Primanova スタイリッシュペール:約直径29.5cm×約高さ53cm

無印ポリプロピレンフタが選べるダストボックス

  • 小(20L袋用)約幅19cm×奥行41cm×高さ37cm
  • 大(30L袋用)約幅19cm×奥行41cm×高さ54cm

大きさの比較として無印のゴミ箱のサイズを載せたけど、無印のゴミ箱はフタだけで購入できるからいいよね。
おむつ用のごみ箱として使う場合、特にフタの内側への臭い移りが気になるけど、無印良品のようにフタのみ別で購入できるような製品であれば気にしなくていいよね。

アップリカ (Aprica) 強力消臭 おむつ ごみ箱 ニオイポイ(NIOI-POI)

カートリッジ式のゴミ箱として一番オーソドックスなタイプ。アップリカのニオイポイが基準になると思う。うちで使っていたのもこれ。

容量も大きく。赤ちゃん用紙おむつフラットタイプで32枚程度入る。デザインもどこに置いてもなじむ良いデザインだと思う。
使い勝手も特に不満はなかった。アマゾンのレビューも大旨良好だ。

特に容量が大きいのは良かったと思う。

うちの地域ではおむつの可燃ゴミは週に2回の回収だが、この大きさでも入りきらないことがあった。

カートリッジの値段は1ヶ月150枚のおむつを捨てたとして、833円(Amazon) 。
西松屋などの量販店で買えば、3個で2,000円程度だったので、もう少し安くなると思う。

不満点はたまにゴミ袋が破けることがあること、スムーズに引き出せないことがあったり、カートリッジのバリとかなのかと思うけど、何度か破けていたときがあった。

コンビ Combi 紙おむつ処理ポット 強力防臭抗菌おむつポット ポイテック

カートリッジ式のゴミ箱としては一番先進的な構造になっているのがこのコンビのポイテック。ゴミ袋を捻ることでおむつを1個ずつ密封する仕組みになっている。

アマゾンのレビューを見ると、アイデアは良いがしっかり昇華しきれていない印象。
レバーを回す操作がスムーズに行えるか、基本的な本体の作りなど、ある程度人を選ぶ製品のようなので購入の際は低評価のレビューにも一通り目を通した方が安心だと思う。

カートリッジのコスパはかなり悪いのでこれは覚悟した方がいい。

おむつ150枚換算で1ヶ月のカートリッジ代は1,000円を超える。
カートリッジ式としてはランニングコストが優秀な日本育児のColor Korbellは500円以下なので、2倍以上の価格差になる。

ポイテックアドバンスという新商品(2019年8月上旬発売)もあって、こちらの方がデザインが洗練されていて好印象なのだが、さらにカートリッジの値段が高い。

とにかくコンビのポイテックは機能は素晴らしいと思うが、カートリッジの値段の高さが大きな弱点になっている。購入する際はランニングコストをよく考えてから購入した方がいい。

コンビ Combi 紙おむつ処理ポット 5層防臭おむつポット スマートポイ

カートリッジ式のおむつ用ゴミ箱としては一番シンプルな作りの製品、基本的にはアップリカのニオイポイと同じと考えて間違いない。

ニオイポイとどこが違うかというと、本体の大きさ形、容量、カートリッジの価格の3点になる。

本体の大きさはスマートポイの方が小さい。容量は赤ちゃん用紙おむつ約18枚処理可能となっている。アップリカのニオイポイは赤ちゃん用紙おむつフラットタイプ32枚程度。

カートリッジの価格はスマートポイの方が割安。1ヶ月(150枚換算)のカートリッジの価格は

  • アップリカニオイポイ:833円
  • コンビポイテック:1,083円
  • コンビスマートポイ:638円

アップリカのニオイポイも西松屋などの量販店でカートリッジを購入すればスマートポイと同程度になると思うので、スマートポイとニオイポイは形やサイズ、容量で選べばいいと思う。

ピジョン Pigeon ステール Suteru ストロング密封構造でニオイを強力ブロック

これは専用のゴミ袋を必要としないタイプなので、結構いいなと思った。市販の20リットル、30リットルのゴミ袋がそのまま使える。

オムツを入れる仕組みも、匂いを持った空気が最小限になるように工夫されているのでいい。

ただ、オムツを入れ替えるときに、中の空気と交換されるので、その分の少量の臭いをもった空気が出てしまうので、全く匂わないということではない。

臭いの対策については、専用のカートリッジ式ゴミ袋を使用するタイプに比べれば弱いと思うけど、おしっこのオムツだけに使ったり、うんちはしっかりトイレに流してからオムツを捨てる。うんちの付いたオムツはさらに袋に入れるなどすればこのタイプのゴミ箱でも十分だと思う。

実際うちの場合は普通の蓋付きごみ箱で問題なく運用できているので、それに比べればこのピジョンのゴミ箱は大分いいよね。

容量も大きめなのがいい。容量の目安:Sサイズ紙おむつ約25枚収納。おむつ用の防臭ペールは大体20枚くらいが多い。少しの差だけどこの差は結構大きい気がする。

おむつのゴミ袋を交換するのは臭いとの闘いになるし、面倒なのでゴミ出しのタイミングで交換できるのが一番いい。防臭ペールはゴミの回収頻度も考えて容量を選ぶといいと思う。

日本育児 Color Korbell おむつポット 本体 ホワイト 収納たっぷり容量16L

カートリッジ式のごみ箱としては結構いいと思う。一番少ない動作でオムツを捨てられる。

アップリカもコンビもオムツを入れるときにもうワンアクション必要なんだよね。アップリカの場合はオムツを手で押し込む。コンビのポイテックはレバーを一回転させる。

この日本育児のColor Korbellはフタも足踏み式で開閉できるし、オムツをぽいっと投げ込むだけで捨てられる。

ペダルで開閉するフタと、さらに内側にフラップのような内蓋の二重構造になっている。オムツを投げ込むと内蓋が下がって、オムツが入る。入ったあとは内蓋は勝手に戻る仕組みだ。

アップリカもコンビもフタの開閉は手動だし、オムツを入れるのも手で押し込んだりと面倒な操作が必要だ。

この日本育児のゴミ箱はペダルを踏んでフタを開けて、オムツを投げ込めばおしまい。随分スマートで簡単なオペレーションになる。
オムツを捨てるという行為は1日に何回もやることなので、なるべく余計な手間はかけたくないからね。これはいいと思うよ。

カートリッジの1個あたりの容量もアップリカやコンビの約1.5倍。1月分にオムツを150枚捨てたとしてカートリッジ価格を比べると

  • アップリカニオイポイ:833円
  • コンビポイテック:1,083円
  • コンビスマートポイ:638円
  • 日本育児Color Korbell:458円

日本育児のColor Korbellは随分安いね。

容量は16リットルでおむつ用ゴミ箱としては一般的なサイズ。容量の目安:Sサイズ紙おむつ約20枚。

防臭ペール T-WORLD(ティーワールド)

アマゾンのおむつ処理ポット・ペールで3位の商品。日本育児のColor Korbellの、市販のゴミ袋バージョンのような作り。

フタが2重になっていて、レジ袋や20リットルのポリ袋が使用できる。

少し気になるのは容量が14リットルと少し小さいことと、質感がチープな割に値段がちょっと高めな気がする。

他のごみ箱がリビングに置いても違和感無く使えるようなデザインに配慮した作りになっているのと比べると、いかにもプラスチッキーな質感はチープな印象がある。
値段も3,000円超とそこそこ高い。

これだったら4,000円と少し値段は高いが、容量も大きく、デザイン性も高いピジョンのステールの方がいいかなと考えてしまう。

逆にコンパクトで防臭能力の高いゴミ箱が欲しいという人にはピッタリだと思う。

日本育児 おむつポット 本体 Ubbi

これも防臭ペールという位置づけの製品。市販の30L以上のゴミ袋が使える。

容量は一番大きく。市販のゴミ袋(30ℓサイズ)で約30枚分のおむつが入る大容量。
さらに専用ゴミ袋では42個おむつが入る計算になる。(Ubbi専用ゴミ袋:75袋入り おむつ約3,150個分)

これだけ入ればオムツ交換の多い生後3ヶ月くらいまでの時期でも週に2回のゴミ出しで間に合うと思う。

Ubbiはオムツ専用の防臭ペールということで、オムツを入れるフタの構造が特殊になっている。開口部は直径10センチと小さく、スライド式のフタを開けてオムツを入れる構造になっている。

跳ね上げ式のフタは構造としてはシンプルだけど、フタを開けるときに開口部周辺の空気を大きく乱し、ゴミ箱内部と外部の空気の交換が大量に起こる。結果として臭いも盛大に漏れることになる。

Ubbiのスライド式のフタは、開口部付近の空気を乱さずにゴミ箱内部にアクセスすることができるので、臭いを含んだ空気をなるべく外に出さずにオムツを捨てることができる。
また開口部も直径10センチと必要最低限なので、臭いを極力外部に出さない構造が徹底されている。

実物を触ったことがないので、スライド式のフタがどれだけスムーズに動くかが結構重要な気がするね。

素材も金属製なので、樹脂製のゴミ箱と比べれば圧倒的にニオイ移りもしづらい。
値段は約8,000円と高価だが、市販のゴミ袋を使えるので長い目で見れば結果としてカートリッジ式ゴミ箱よりは安くなる。

スライド式のフタによるニオイ漏れの少なさ、40個以上のオムツが入る大容量。ドコに置いても映えるデザイン性の高さ。新生児から子供が成長した後も、長い期間ゴミ箱として活躍できる良い製品だと思う。

Primanova スタイリッシュペール

値段は12,000円と高価だが非常によく考えられた製品。構造としては外蓋と内蓋でフタが二重になっている。

Primanovaスタイリッシュペールはオムツを捨てる時の方法が独特で、外蓋を開いて内蓋の上にオムツをのせる。外蓋を閉じて、ボタンを押すと内蓋が下がってオムツもゴミ箱内部に落ちるという仕組み。

オムツを捨てる時に、完全に外部と遮断された状態でボタンを押して行うので臭い漏れは一切なし。

ただ実際にはオムツを落とす時に内蓋は開くので、この時の臭い空気は外蓋と内蓋の間に入ってしまう。次に外蓋を開いた時にニオイがすると思う。

結果としはニオイがいつ漏れるかのタイミングがズレただけで、臭い漏れという点でいえば一般的な二重フタの防臭ペールと変わらないと思う。

市販の30リットルのゴミ袋が使えてランニングコストは優秀。容量も十分。素材も金属製でニオイ移りもしづらい。

防臭ペールとしての性能はかなり優秀なので値段が許容できるのであれば購入を検討してもいいと思う。人気があって供給が追いついていないのか、品切れのところが多いのが問題だ。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です