しめじとサバ缶の炊き込みごはん。炊けたらすぐに冷凍するのがおいしく保存するコツ!

今回の食材はしめじとサバの水煮缶。こいつでおいしい炊き込みご飯を作ります。サバ缶の炊き込みご飯はいろいろなレシピがあるけど、基本的には材料を入れて炊けばいい。簡単だ。

さば缶だけでは寂しいのでしめじを入れることにした。きのこの中ではしめじの出番が一番多いよね。

材料の下ごしらえ。しめじの石突きを落とす。

お米を2合研いで、醤油、酒、みりんを各大さじ2入れる。

さば水煮缶の汁を入れて、水を規定の分量まで入れる。

さば缶の身の部分を入れる。これはほぐさなくていい。

続いてしめじをほぐしながら入れていく。炊飯器のスイッチオン。設定は普通。

ごはんが炊けました。

見事なおこげでおいしそう。

さばの身をほぐすように混ぜたら完成。

今回は作り置きなので全部このまま冷凍保存。大体170gで5食分。ご飯は炊きたてをすぐに冷凍するのがおいしさを保つポイント。容器はイノマタ化学の楽チンパックを使ってます。

白い蓋は100均のセリアで買ったやつ。最近はこっちの蓋のが好きだな。ポップなカラーはアマゾン限定カラー。

サバとしめじの炊き込みご飯。相性もいいし簡単でとにかくおいしい。余裕があれば生姜の千切りとか入れるのもいいよね。

炊きたてはもちろんおいしいし冷凍保存も出来る。これからうちの定番にしたい料理だ。娘も食べてくれるといいんだけど、今後の成長に期待しよう。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です