ロジクールM570トラックボールの左クリックが効かない。接点復活剤(コンタクトスプレー)で分解修理。

普段からマウスの代わりにロジクールのトラックボールM570を使っている。最近左クリックの効きがおかしくなってきたので自分で修理してみることにした。

1ヵ月くらい前から左クリックの効きがおかしい。反応しなかったり、ダブルクリックになってしまったり。しばらくは我慢して使っていたのだが、接点復活剤というもので簡単に直せるようだ。

※M570には3年間無償保証が付いているのだが、2016年の4月に購入したので保証期間は切れていた。

接点復活剤と分解するのに必要なドライバーを用意する。近所のホームセンターで両方で1,500円弱。M570には星型のトルクスネジ(T6)が使われている。

底面のゴム足を細いマイナスドライバーやカッターなどで剥がす。両面テープで貼り付けてあるだけなので簡単に剥がせる。

剥がしたゴム足。

電池のシールの下にネジがひとつ隠れているので、カッターなどでシールを破っておく。

ドライバーでネジを5つ外す。トルクスネジのサイズはT6。

中にケーブルがあるので引っ張らないように注意して、カバーをゆっくり開ける。

左クリックのスイッチ。オムロンのスイッチが使われいる。

接点復活剤(コンタクトスプレー)を流し込む。

接点復活剤は一旦容器にスプレーして、付属のノズルでチョンチョンと付けるとやりやすい。

スイッチの中に浸透するくらいの量を付けて、50回くらいカチカチとクリックを繰り返す。

ネジを締めて、ゴム足を付けて。

元に戻して修理完了。作業時間は20分くらいかな。

早速使ってみると、とりあえず大丈夫そうな感じだ。左クリックはチャタリングもなく正常に動作している。しばらくこれで様子をみてみよう。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です