蒸し器で作る鶏モモ肉の蒸し鶏。プリプリジューシーで茹で鶏とは違う仕上がり!

蒸し鶏は初めて作ったけど、茹で鶏とはまた違った仕上がりでこっちの方が好きかも知れない。

鶏もも肉は1枚(約300g)使う。余分な皮や脂身は取り除く。

皮目にフォークでプスプスと穴を開ける。

鶏もも肉は1枚(約300g)使う。余分な皮や脂身は取り除く。皮目にフォークで穴を開ける。

両面に塩を振る。

酒大さじ2に生姜汁を加えた調味液に鶏もも肉を漬け込む。時間は15分くらい。

両面に塩を振り。酒大さじ2に生姜汁を加えた調味液に鶏もも肉を漬け込む。時間は15分くらい。

お皿はイワキの耐熱ガラスのパイ皿。深さがあるので蒸し鶏にちょうどよかった。これはサイズも大きすぎず使い勝手がいい。普段はグラタンを作るときに使う。

蒸し器の準備。鍋にお湯を沸かす。お皿が大きいので鍋はウォックパン(底の深いフライパン)を使うことにする。※水は多め(800ml)でしっかり沸かす。

蒸し器の準備。鍋にお湯を沸かす。水は多めでしっかり沸かす。

蒸し器をセットする。

耐熱皿ごと鶏もも肉をセットして青ネギをのせる。鶏肉は皮目を下にする。

しっかりお湯が沸いたら、耐熱皿ごと鶏もも肉をセットして青ネギをのせる。鶏肉は皮目を下にする。

中火で10分~15分蒸す。※火は中火から強火。蒸気をしっかり出す。

中火で10分~15分蒸す。火は中火から強火。蒸気をしっかり出す。

15分後。蒸し上がり。竹串などで火の通りを確認するといい。

15分後。蒸し上がり。竹串などで火の通りを確認するといい。

青ネギを取り除き、皮目を上にして。

蓋をして冷めるまで放置。余熱で火を入れる感じ。

青ネギを取り除き、皮目を上にして。蓋をして冷めるまで放置。余熱で火を入れる感じ。

適当なところで取り出して、食べやすい大きさに切る。

適当なところで取り出して、食べやすい大きさに切る。

蒸し汁は捨てるのはもったいない。スープにしてもいいし、これでご飯を炊いてもおいしい。

蒸し汁は捨てるのはもったいない。スープにしてもいいし、これでご飯を炊いてもおいしい。

タレは味噌だれにした。味噌大さじ2にすりおろした生姜とニンニク。ごま油とすりごまに豆板醤。それに砂糖。

味醂と酒で適当な濃さにのばす。

タレは味噌だれにした。味噌大さじ2にすりおろした生姜とニンニク。ごま油とすりごまに豆板醤。それに砂糖。味醂と酒を加えて適当な濃さにのばす。

蒸し鶏と茹で鶏は同じものだと思っていたけど、どうやら違う気がする。

蒸し鶏の方がプリプリジューシーに仕上がる気がするんだよ。お嫁さんもおいしいと言っていた。

今度は胸肉で蒸し鶏を作ってみよう。

<材料>
鶏もも肉:1枚(約300g)
酒:大さじ2
生姜のしぼり汁:適量
青ネギ:1本分

<味噌だれ>
味噌:30gくらい(大さじ1と少し)
砂糖:小さじ1
ごま油:小さじ1
豆板醤:小さじ1/2
おろしニンニク:1片
おろし生姜:ニンニクと同量
酒・みりん:各小さじ1

<参考レシピ>
蒸し器でしっとりジューシー蒸し鶏
蒸し鶏(ねぎ・しょうがでホカホカおかず)
蒸し鶏&蒸し野菜。ネギだれでおいしい根。
蒸し器の使い方/蒸し料理の基本

<味噌タレ>
タイ料理の人気店直伝、本格カオマンガイのレシピ。甘辛いタレがクセになる!

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です