冬の定番白菜のグラタン。たっぷり4分の1玉使ったクリーミーな白菜と仕上げに卵でコクをプラス!

またお嫁さんが白菜を一玉貰ってきた。今日の夕飯は白菜のグラタンを作ることにした。去年からうちの冬の食卓の定番になったメニューだ。

白菜はたっぷり4分の1。大体これで450gくらい。

白菜は葉の部分と芯の部分に分けて、葉の部分は5cm四方のザク切りにする。

芯の部分は5cm×1cmくらいの細切りにする。

薄力粉大さじ2と牛乳250mlを用意する。

フライパンを熱してバターを2カケ(20g)。

白菜の芯の部分を入れて炒める。

透き通ってきたら

白菜の葉の部分を入れて、冷蔵庫にあったしめじも入れてみた。

塩コショウを入れて炒める。

白菜の葉がしんなりしてきたら

火を止めて小麦粉大さじ2を全体に振りかける。

満遍なく混ぜて

牛乳250mlを入れて火を着ける。このまま中火で煮詰めていく。

時折混ぜながらじっくり煮詰めて

いい具合のとろみになってきた。ここで塩コショウで味を決める。

このぐらいでいい感じかな。

耐熱皿に移して。このままチーズをのせてオーブンで焼いてもいいんだけど今日はもう一手間。

フライパンを熱して油をひいて

卵をふたつ割り入れる。

黄身をくずしてこのまま火を入れていく。

適当に火が入ったらスクランブルエッグの要領でグチャグチャっと混ぜて

仕上がりはこんな感じ。男子ごはんで知ったワザだけどゆで卵のみじん切りを使う料理 、タルタルソースやマカロニサラダ、多分玉子サンドなんかにも使える便利な裏技。

これを炒めた白菜の上にのせて

とろけるチーズ

仕上げにマヨネーズとパルメザンチーズをかけて

200℃のオーブンで約15分。

おいそうに焼けました。マヨネーズの焦げ目がいい感じだ。

去年も大活躍した白菜のグラタン。お嫁さんも納得の安定のおいしさだった。最後の一手間でのせた卵とマヨネーズも淡泊な白菜の味に重厚さを加えていい感じに仕上がった。今年の冬も白菜のグラタンは活躍しそうだね。

流石に多かったので別に取り分けておいたこっちは冷凍保存。グラタンも冷凍庫から出してオーブンで焼くだけだから作り置きにいいよね。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です