娘の保育園のパジャマ袋のマジックテープ。父さんが夜なべして仕上げたよ!

娘の保育園のパジャマ袋の最後の仕上げ。マジックテープの取り付けをお嫁さんから頼まれた。大変だけど娘のためだやるしかない。

マジックテープの取り付け方は大きく二つ。糸で縫うか接着するか。

糸で縫うのは丈夫で一番良さそうだけどうちにミシンはない。手縫いで縫うのは大変だ。接着タイプでなんとかならないかと考えた。とりあえず近所の100均に行ってみる。

接着タイプのマジックテープは2種類ある。単純にシールのように貼り付けるタイプとアイロンの熱接着タイプだ。

ここで選んだのはアイロンの熱接着タイプ。シールタイプよりも強力にくっつく。

アイロン熱接着は前に娘のズボンの補修で使ったので経験済み。一回剥がれてしまったけどアイロンが不十分でしっかり接着できていないだけだった。ちゃんと接着すれば耐久性は十分だと思う。

お嫁さんと娘が寝た後に作業開始。明日持っていくので何とか形にしなければならない。

マジックテープの基本的な取り付け方は柔らかい方を本体に、チクチクする方をフラップ側に取り付けるらしい。

ここで取り付け方にも一工夫。小さい子供が使うので少しズレても大丈夫なように縦横の十字になるように付けるようにした。

フラップ側は持ちやすいように横向きにマジックテープを取り付ける。本体側は縦向きにマジックテープを取り付ける。

問題は付ける位置だ。このパジャマ袋にはマチがある。一番薄いものを入れたときに本体側のマジックテープがギリギリ隠れてしっかりとまる位置を探す。

場所が決まったらアイロンで熱接着。位置がズレないように表側から当て布をしてアイロンをかける。最初はビビッて中温でやったけど全然くっつかなかった。

高温でたっぷり30秒間アイロンをあてる。念押しで裏側からもアイロンをあてた。

取付完了。大体冷めたのを確認して、マジックテープを付けたり剥がしたり何度か試してみたけどとりあえず大丈夫そうだ。

アイロン熱接着タイプのマジックテープのポイントは説明書通りの時間でしっかりアイロンをあてること。ちゃんと接着できれば耐久性は問題ないと思う。

縫うより簡単だし。縫い目が表に出ないのは接着タイプのメリットだよね。

なんだかんだ考えながらやったからたっぷり1時間くらいかかってしまった。とりあえず無事完成してよかった。後は剥がれないことを祈るのみ。様子を見てみよう。

それにしても100均は便利だな。困ったときは近所のセリアに行けば大体なんとかなるもんだ。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です