ウインナーを入れれば娘も大満足!ゴボウの出汁が利いた野菜たっぷり具沢山の豚汁。

最近めっきり寒くなってきた。今年もそろそろ終わりだ。土手煮で使った大根がまだ残っている。今日は豚汁を作ろう。

<材料>
大根:10cmくらい
人参:1本
ゴボウ:1本※重要
豚小間肉:200~300g
木綿豆腐:1丁
こんにゃく:1枚(約300g)
ウインナー(娘用)
ネギ(薬味)
味噌:60g(2回に分けて入れる)
和風だし:小さじ1(多分なしでも大丈夫)
水:800ml(かぶるくらい)

<参考レシピ>
プロの味!簡単にして激ウマな豚汁の秘密
ためしてがってん流豚汁
ガッテン流、豚汁の作り方。

豚汁に入れる野菜はゴボウと人参と大根。ジャガイモや玉ねぎを入れるレシピもある。

豆腐は木綿豆腐。豚汁に入れるなら絹豆腐じゃなく木綿豆腐だ。コンニャクは水洗いだけで使える切り落としこんにゃくを選んだ。

豚肉は冷凍してあった豚小間肉。250g弱。

娘が食べる用にウインナーも入れることにする。

ゴボウは2,3mmくらいの斜め切りにする。

鍋を中火にかけてごま油を入れる。

ゴボウを5分くらいかけてじっくり炒める。いい出汁がでるらしい。

ゴボウを炒めたら豚肉を入れる。冷凍してあったおろし生姜も入れて炒める。

豚肉の色が変わったら炒め完了。大きいお肉はキッチンはさみで切るといい。

大根は5㎜くらいの銀杏切りに。

人参は大根よりちょっと薄めの3㎜の半月切りにする。

大根と人参を加えて再び炒める。火は中火から強火。豚肉の脂が馴染むくらいに軽く炒めればいい。

今日のコンニャクはあく抜き不要なのでサッと水洗いして。

鍋に入れてこれも軽く炒める。

水をかぶるくらいに入れる。800mlでちょうどよかった。

沸騰したらアクを取る。中火で5分煮る。

5分くらい煮たら和風だし小さじ1と、味噌を半分の30g入れる。

弱火で15分蓋をして煮る。

その間にねぎを準備。小口切りでたっぷり用意する。

15分後。人参の火の通り具合を確認する。

一旦火を止めて仕上げに残りの味噌30gを溶き入れる。追い味噌で香りと風味を良くする。ここで味を決める。

手で崩しながら木綿豆腐を入れて、娘用のウインナーも入れる。再び中火にかける。

煮立つ手前くらいで火を止めて、豆腐とウインナーが温まれば豚汁の完成。

薬味のねぎを散らして、七味唐辛子をかける。

豚汁は好きな料理の一つだ。具沢山でこれだけで十分ご飯のおかずになる。

今回改めて手順を追って作ってみたけど、丁寧に作るとなかなか大変だ。

でもその甲斐あってとてもおいしい豚汁に仕上がった。お嫁さんも大満足の出来。

娘もしっかりウインナーを食べてくれた。良かった。

これからはこのレシピをスタンダードにしていこう。

食べきれない分はいつも通りジップロックスクリューロックに小分けにして冷蔵庫で保存。たっぷり250g。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です