いなばの缶詰タイガパオと炊飯器で作るエスニックチャーハン。鶏そぼろとバジルで簡単なのに本格的な味わい!

スーパーに買い物に行って見つけたいなばのとりそぼろとバジルの缶詰。要するにこれはガパオなんだ。いなばの缶詰はグリーンカレーが有名だけど、このガパオも相当本格的な味でうまい。

今回は思いつきでこのいなばのガパオを作って炊き込みご飯を作ろうと思う。

お米1合を研いで水をやや少なめに入れる。※缶詰の汁だけ入れようとしたら、ほとんど汁気はないので水加減で調整すれば大丈夫だと思う。

ガパオの缶詰を開けると、かなり強烈なエスニックな香りが立ち上がる。

躊躇せずにお釜に投入する。とりあえずこれで普通に炊いてみる。

ご飯が炊けました。写真で見ると至って普通だけど、炊飯中からただならぬエスニックな香りが漏れ出していた。

まぁ普通においしそうだ。

味見をしてみるとエスニックな風味と鶏そぼろでおいしい。けどかなり辛い。それと味が薄いかな。

ここから微調整。見た目も寂しいので卵を入れることにした。卵を入れることで辛さも少しマイルドになることを期待している。

創味シャンタンを入れて少し旨みを足す。

普通に溶き卵にする。

フライパンを熱して油をひく。

溶き卵を流し込み油で泳がせるようにして火を入れていく。

大体このくらい火が入ればいい。少し半熟の部分が残るくらい。

ガパオごはんに炒めた卵を加え、卵を切るようにして混ぜる。塩コショウも加えて味を整える。

一通り混ざったら一応炊飯器で再加熱してみた。5分経ったら完成。

たっぷり240gで2食分。いなばのタイガパオ風エスニックチャーハンの出来上がり。

卵を入れることで彩りもいいし辛さもマイルドになって食べやすくなった。もともといなばの缶詰の完成度が高いので十分納得できる味に仕上がったと思う。

サバ缶と同じように缶詰を入れて炊くだけなので簡単でいい。最後に卵を加える一手間も十分許容範囲。魚肉ソーセージを切るよりはかなり楽だしね。

ガパオの缶詰はご飯が炊き上がってから混ぜても良さそうだけどどうだろうか?また少し試行錯誤してみよう。

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です