手羽元のチューリップじゃない唐揚げ。鶏皮はくるんと外側に巻き付ける!

唐揚げにするなら手羽元は完全にチューリップにしない方がいいらしい。

近所のスーパーで3割引きで買ってきた手羽元。結構安かったと思う。

手羽元の下処理。はじめてなので要領を掴むまでが難しい。

最初はこの動画みたく皮と骨の隙間にはさみを入れて切ってみたけど難しい。

骨の先から2㎝くらいのところを、ぐるっと一周はさみで切ると簡単だった。

余った皮は骨先の軟骨と一緒に切り取って捨てる。

揚げる直前に形を整えるのでこのまま下味をつける。

ニンニクと同量の生姜をすりおろす。

お酒と醤油を各大さじ2。

手羽元を入れてしっかり揉み込む。

空気を抜いて袋を縛って冷蔵庫で一晩おく。

一晩冷蔵庫で寝かせた手羽元。よく味が染みたと思う。

袋から出してペーパータオルで軽く水気を取る。

片栗粉+小麦粉をまぶして皮が外側になるように形を整える。

皮を骨に巻き付けるようにしてギュッと押さえると綺麗にできる。

皮をひっくり返してチューリップの唐揚げにすると鶏皮がグニャとして食感が悪いらしい。

から揚げにするなら皮は外側がいい。

一度目の揚げ。油の温度は低温の160℃。

一度に入れすぎると油の温度が下がるので3,4本ずつ揚げる。

揚げ時間は3分~4分を目安にする。

一度目の揚げ上がり。

二度目の揚げ。油の温度は高温の180℃。

揚げ時間は1分~1分30秒を目安にする。

二度目の揚げ上がり。綺麗なキツネ色。

カリッとおいしいそうに揚がった。

食べるまでは鶏の唐揚げと同じじゃないかと思っていたけどこれは違う。

やっぱり骨があるのがいいのか?

とにかく手羽元の唐揚げとしてしっかりおいしい。

外側の鶏皮はカリッとこんがり揚がって、中のお肉はプリプリでジューシーだ。

手羽元は1本1本しっかり皮があるのもいいんだと思う。

下味はちょっと濃かったかな。半日くらい漬け込むとちょうど良さそう。

手羽元は食べづらいイメージがあったけど下処理をちゃんとやればむしろ食べやすい。

そして何より美味しい!

手羽中もそうだけど娘も骨付き肉は好きみたいだ。

ケンタッキーみたいのもいいな。マジックソルトで出来るかな?

今度は味付けを変えて作ってみよう。

<材料>
手羽元:7本(約350g)
酒:大さじ2
醤油:大さじ2
にんにく:1片
生姜:にんにくと同量
片栗粉:大さじ2
小麦粉:大さじ2

<参考レシピ>
皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 手羽元で作る「チューリップ唐揚げ」のレシピ【FOODIE】
手羽元チューリップの作り方【クックパッド】
基本の下処理!鶏肉を美味しく食べるコツ<手羽元チューリップ編>【YouTube】

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です