醤油ベースで作る簡単鍋焼きうどん。ゴボウがなくてもしっかりおいしい!

鍋焼きうどんを醤油ベースで簡単に作ってみた。

大根と人参は短冊切りにする。

量は少ないかなと思うくらいでちょうどいい。

白菜は葉はざく切りにして、芯の部分は棒状に切る。

長ねぎは斜め切りにする。

娘の大好きな椎茸はたっぷり用意した。

軸を落として5㎜幅くらいに切る。

最初に豚小間肉を炒める。

土鍋にごま油を大さじ1入れる。

豚小間肉を入れたら火をつけて炒める。

火力は弱めの中火。

豚肉に火が通ったら。

水と顆粒ダシを加える。

大根と人参も入れる。

煮立ったらアクを取る。

白菜の芯の部分を入れて。

蓋をして弱火で5分間煮る。

5分煮たら蓋を取ってつゆを仕上げる。

醤油を大さじ2にみりんを大さじ1と半分、塩小さじ1/3に砂糖を小さじ1入れる。

鍋焼きうどんは絶対生うどんがおいしい。

今日は200gを用意した。

鍋に生うどんを入れたら火を中火にする。

残りの具材(椎茸、白菜の葉、長ねぎ)をバランスよく並べる。

さらに卵を落として。

蓋をして煮込む。

卵は大体3分くらいでいい感じになる。

蓋を取れば醤油ベースの鍋焼きうどんの完成。

鍋焼きうどんは美味しいんだけどゴボウを入れるとなると結構作るのが億劫だ。

醤油ベースで簡単に作ってみたけどこれでも十分おいしい!

トロっと卵にうどんが絡む。

ごま油で炒めた豚小間肉は風味がいい。

身の厚い椎茸はプリプリだ。

たっぷり入れた椎茸は娘がもりもり食べた。

今日は生うどん200gで作ってみたけど娘が沢山うどんを食べたのでちょっと足りないくらいだった。

うどんは250gでいいのかな?

いつもは冷凍うどんだけど生うどんがおいしいって言っていた。

やっぱり鍋焼きうどんは生うどんに限る。

ミネストローネもそうだけどこういう料理は一品作るだけでいいから夕食の支度が楽だ。

<材料>
生うどん:200g
人参:4㎝の半分くらい
大根:2㎝くらい
白菜:2枚(1/6カット)
椎茸:2枚
ねぎ:1本弱
卵:2個
豚小間肉:100g
ごま油:大さじ1

<つゆ>
水:800ml
醤油:大さじ2
みりん:大さじ1と1/2
塩:小さじ1/3
砂糖:小さじ1
和風だし:小さじ1と1/2

<参考レシピ>
簡単 基本の鍋焼きうどん【クラシル】
鍋焼きうどんのレシピ/作り方【白ごはん.com】

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です