冷凍庫のみそ玉で作る味噌ラーメンスープ。もやしにバターにコーンで王道の味!

大好きな昔ながらの太麺を使った味噌ラーメンが、こんなに簡単にうちのお昼メニューになるとは思わなかった。

豚挽き肉は250g使う。1人前50gなのでこれで5食分できる。

長ねぎは半分くらいを粗めのみじん切りにする。

にんにくは2片をみじん切りに、生姜はチューブを使った。

味噌は150g使う。

1食分で豚挽き肉50gに対して味噌30gの割合。

フライパンにごま油を大さじ1ひいて。

まずはにんにくと生姜を炒める。

香りが立ったら長ねぎを入れて炒めて。

豚挽き肉を入れて炒める。

豚挽き肉は脂が透き通るまでしっかり炒める。

味噌150gと砂糖を小さじ5入れて。

※砂糖はコクが出るので絶対入れたほうがいいと思う。

満遍なく混ぜながら炒める。

全体に味が馴染んだら炒め終わり。

出来上がりで約450g。

1食分で大体90gくらいかな。

粗熱が取れたら1食分に分けて冷凍保存します。

今日のお昼は味噌ラーメンなので、さっそく1食分作る。

水350mlに味噌玉を入れて。

鶏ガラスープとめんつゆを小さじ1と1/2ずつ加えて中火にかける。

スープが沸いたらそのまま5分程煮込む。

味噌ラーメンはやっぱり太麺に限る。

具材はもやしにコーンにバター。

鍋にお湯を沸かして。

もやしをサッと20秒くらい湯通しする。

もやしは一旦取り上げておく。

中華麺を指定時間通りに茹でて。

昔ながらの太麺に。

スープを注いで。

もやしをたっぷりのせる。

コーンとバターをトッピング。

仕上げに辛みそ(豆板醤)とブラックペッパーを少々。

味噌バターコーンラーメンの完成。

豚挽き肉に味噌と砂糖でかなり濃いめの肉味噌を作る。

それを鶏ガラスープとめんつゆで割ると結構本格的な味噌ラーメンのスープになる。

具材はもやしをサッと湯通しすれば後はのせるだけ。

愛してやまない昔ながらの太麺を使った味噌ラーメンが、こんなに簡単にうちのお昼メニューになるとは思わなかった。

もやしにバターにコーンに辛みそ。トッピングに迷う必要はない。

お嫁さんも大満足の一品になった。

豚ひき肉の旨味に鶏がらと鰹のダブル出汁。創味シャンタンとめんつゆでしっかり美味しいスープが出来る。

味噌玉にしておけば冷凍保存できるのでかなり便利。

この味噌ラーメンはキムチチゲと並んで今年の冬のヒットメニューになった。

<味噌玉>
豚挽き肉:250g
味噌:150g
砂糖:15g(小さじ5)
長ねぎ:1/2本くらい
にんにく:2片
生姜:にんにくの半分くらい
ごま油:大さじ1

<味噌ラーメン>
味噌玉:1食分(約90g)
創味シャンタン:小さじ1と1/2
めんつゆ:小さじ1と1/2(3倍濃縮)
水:350ml
中華麺:太麺
もやし:半袋
バター:20g
コーン:適量
辛みそ:適量(豆板醤)
ブラックペッパー:適量

<参考レシピ>
これだけ!?行列が出来る簡単味噌ラーメン【クックパッド】

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

“冷凍庫のみそ玉で作る味噌ラーメンスープ。もやしにバターにコーンで王道の味!” への1件の返信

maman へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。