ステイホームは子供にお手伝いをお願いしよう!楽しい「食育」冷凍イチゴシート作り🍓

GWにステイホーム

小さい子供がいると、お家の中で一日中過ごすのは過酷です。

体力が有り余る2歳半の娘は、体を動かしたくてうずうずしてます。

体を思いっきり動かせなくてストレスが溜まるわが子の欲求を満たすため、全身全霊で遊び相手をするのはほんとうに、ほんとうに大変なのです。

「子育ては体力勝負だ」

そんなのあたりまえでしょ、って思ってた妊婦時代。
想像をはるかに超えるほどしんどい。
こんなに大変な子育てを、以前の私は当たり前で誰でもできることだとおもってました。

自分、大バカ者!!

当たり前のように子育てをしている皆様は、相当な覚悟を持って子供と向き合っている方々なのだ。
子どもを産んで初めて分かったこの事実。

子育てって、今までの価値観やものの見方が変わるから楽しいです。

おっと、大きく話が脱線しました。

お家で遊ぶことに飽きている娘さんに何か楽しみ、刺激を与えたい!!

そこで考えたのが冷凍イチゴづくり。

GWにまたまたもらった大量の小粒イチゴ。

下手とちょっと痛みが気になる部分を取って538g。

間違いなく食べきれません。

じいじ、孫のために一生懸命買ってきてくれてるんだよね。
じいじ、そろそろ違うのがいいな。。。

ジャムはまだいっぱいある。

もっと楽にできるものがいい。

欲を言えば、手間ひま掛けてる暇があれば、子供と接する時間が欲しい。
私が何か作ってる時間、わたしがわたしが!の娘を放置なんてこのステイホーム中にあり得ない。

そうだ、娘にお手伝いを頼めるようなものにしよう!

そうはいっても、まだ2歳半。
混ぜる(何となく混ぜる風)、伸ばす(腕に体重をのせて手のひらでギュッと押す)、握る(にぎにぎ)、殴る(素手、もしくは武器で)くらいしかできない。

火を使わない、道具がいらない、材料が少ない、とにかくコツがいらない。

うーん。

これだ。

「冷凍イチゴシート」🍓

ジャム並に保存ができて、ジャムよりぐーーーんと簡単に作れちゃうんです。だって、まるごと保存袋に入れて、つぶして、薄くシート状に伸ばして冷凍するだけ!

https://www.orangepage.net/daily/3186

なんて素敵な料理なんでしょう。

長期保存可能なうえに、潰すだけ!

早速作ろうと思います。

砂糖をまぶしました。
イチゴ538gに対し砂糖大さじ3杯。
レシピの半分以下の少量の砂糖で作ります。
どうせ凍らせて長期保存するんだから、甘みに頼らなくてもいいじゃないか。
酸っぱかったら後から足すよ。

後はいちごをつぶすのみ!!

つぶせ つぶせー!!

ちっこいおててでにぎにぎ。

か、かわいい。

娘はお手伝いがしたいお年頃なので「お手伝いしてくれるかな~?」というと、喜んで飛びついてきた。
うむ、一緒にお料理作戦はやはり正解。
粘土あそびやおままごととはわけが違う。

「子どもは本物志向」

ほんとそれだと思います。
ごっこ遊びではなく、リアル食材を使った本物のお料理を手伝ってもらうのは、ちびっこにとってとっても魅力的な遊びな模様。

しかし、おててでにぎにぎは大人なら一瞬で終わるけど、おちびはおててが小さすぎていちごをうまく掴まない&握力が弱すぎてイチゴが潰れない。

いつまで経っても終わらない。

よし、作戦変更だ。

『麺棒みたいなもので滅多打ち作戦なんかいいんじゃない?』

ちょっと探してみたけど、そうえばうちには大人の人差し指くらいのすりこぎ棒しかない。
これじゃ、ますます時間が掛かっちゃう。

よし、危なくない道具でいつも使い慣れているコレでどうだ!

プラスチックのコップ。

保存袋に直接コップを押し付けると破れるんじゃないか?と心配なので間にガーゼを挟みます。

娘「エイ、エ~イ!」

母「もっともっと~!頑張って~!!」
娘がもっともっと楽しくなるように盛り上げ役に徹します。

娘が夢中でぎゅっぎゅしてます。

ガーゼをめくると~

つぶれた!

娘「つぶれた~!わーいわーい」

自分のやった成果が見えると俄然やる気が出るようで、そのあとも飽きることなく続けます。

でもやっぱり力が弱いので、母がこっそりイチゴをモミモミするタイミングで手で握りつぶしてスピードアップします。

それに気づかず、だんだんいちごが潰れていくのを喜んでいる娘。
こんなに喜んでくれるなんて、お手伝いって素晴らしい。

なんだかコツをつかんだようで、コップの握り方を変えました。
気合入ってます!

2歳半、もう赤ちゃんからはとっくに卒業しましたが、おてては大人とは全然違います。
コップを握りしめる小さなおてて、いつまで見てても飽きません。

きっと、もうすぐこのおてても見納めでしょう。
写真撮っておいてよかった・・・

娘に頑張ってもらって、こんな感じに潰れました。

後は、冷凍庫に入れるだけ!洗い物も出なくてとにかく簡単!

凍らせる前にちょっと味見。

写真を撮る間も待ちきれず、スプーンを突き出してくるめめちゃん。

そりゃそうだ。

食べたら甘酸っぱーい!
おいし~い!!

砂糖の量は半分以下でも十分甘く感じるし、最高に美味しいと思える出来栄え!

冷凍いちごシートがあればフレッシュいちごのおいしいイチゴミルクがいつでも味わえる。

最高♡

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

One Reply to “ステイホームは子供にお手伝いをお願いしよう!楽しい「食育」冷凍イチゴシート作り🍓”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です