三度揚げしたなすの天ぷら。衣は粉とダマを残してぼてっと作る!

外はカリッと中はふっくら美味しい茄子の天ぷら。

なすは3本使ったけどちょっと多かった。2本でいいかな。

ヘタとおしりを落として半分に切る。

皮に包丁を細かく入れてさらに半分に切る。

衣は卵を使わずに市販の天ぷら粉を使った。

お嫁さんに頼んだら「コツのいらない天ぷら粉」ではなかったけど多分同じようなものだろう。

天ぷら粉と水を分量通り混ぜる。

さらに小麦粉大さじ1を表面に広げて箸でざっくり馴染ませる。

よく混ぜるのはダメ。粉やダマが残るようにする。

なすに小麦粉をまぶす。ロールポリに入れて振ると簡単だ。

衣はぼてっと厚いくらいになる。粉やダマは気にしなくていい。

一度目の揚げ。油の温度は180℃。

油の量は約1リットルで深さは3㎝くらいになる。

皮を下にしてそっと油に入れる。

衣が固まってきたら裏返す。揚げ時間は3分を目安にする。

油から引き上げてしばらくすると茄子の水分で衣がふやけてくる。

衣が柔らかくなったら二度目の揚げに取り掛かる。

二度目の揚げ。油の温度は一度目と同じ180℃。

1分くらいするとピチピチと乾いた音がしてくる。

そうしたら一旦菜箸で持ち上げて油を切る。そして再び油の中へ。

油の中で2,3回転がして衣がカリッとしたら引き上げる。

油から引き上げたらすぐに切って蒸気を抜く。

器に盛り付けてなすの天ぷらの完成。天紙があればよかったな。

天ぷらはシンプルな料理だけど上手に作るのは難しい。

今回の参考レシピの内容はとても腑に落ちた。

衣は厚くぼてっと作って、丁寧に三度揚げすると確かに違う。

中身はふっくらで衣はカリッと仕上がる。

天ぷらは揚げたてが一番なんだけど、揚げ時間のラグがあるからタイミングを揃えるのは難しい。

食べる直前に二度揚げにするのはいい方法だと思った。

これからは天ぷらも積極的に二度揚げしてみよう。

<材料>
なす:2本(2人分)
天ぷら粉:100g
水:適量
小麦粉:適量
揚げ油:1リットル(20㎝の鍋で深さ3㎝)

<参考レシピ>
とろ~りなめらかな”茄子の天ぷら”【dancyu】

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です