甘さをおさえたかぼちゃの煮物。醤油も控えめでやさしい味わい!

食べなれた味とは一味違うかぼちゃの煮物。

頂き物の丸ごと1個のかぼちゃ。

まずはこれを切り分けることからはじめる。

包丁の刃先を使ってかぼちゃのヘタを切り取る。

それなりに硬いので怪我をしないように注意する。

上のヘタも落としてかぼちゃを半分に切る。

さらに半分に切って4等分にする。

スプーンを使ってワタをこそげ取る。

かぼちゃの皮のイボや色の変わった硬い部分は包丁で削り取る。

このかぼちゃは4分の1で大体300gだった。

ここからは煮物用に切る。

4等分にしたかぼちゃをさらに半分に切って8等分にする。

大体3㎝幅に切って。

さらに3~4㎝角になるように切る。

煮崩れしにくいかぼちゃの皮が上になるようにして鍋に並べる。

水500mlを加えて中火にかける。

お湯が沸いたら砂糖大さじ4を加えてそっと混ぜる。

かぼちゃの煮物は特にアクを取らなくても大丈夫みたい。

砂糖を入れたら弱火を少し強くしたくらいの火加減でコトコト煮る。

煮る時間は10分間。

10分経過。

醤油大さじ1と塩小さじ1/2を加えてさらに煮る。

20分経過。

大きめのかぼちゃに竹串を刺して火の通りを確認する。

かぼちゃにしっかり火が通ったら火を止める。

大体煮汁が半分くらいになるまで煮ればいいのかな。

いつものハリオのガラス容器に盛り付けて。

かぼちゃの煮物の完成。

お嫁さんは食べなれた甘い味付けがいいと言うので半分は味を足して煮直した。

はじめて作るかぼちゃの煮物。

レシピをいくつか見て白ごはんのレシピで作ってみた。

白ごはんのレシピはちょっと他とは違う。水が多めで落し蓋をしないで煮る。

出来上がったかぼちゃの煮物はなんとも上品な味。

甘さが控えめで醤油もきつくない。やさしい味だ。

母や祖母が作る甘いかぼちゃの煮物しか食べたことがなかったのでとても新鮮だった。

そして美味しいと思う。

お嫁さんは食べなれた甘い味がいいと言っていた。

娘は煮物よりかぼちゃの天ぷらの方が好きみたいだ。

かぼちゃはまだまだ沢山ある。

今度はまた天ぷらにしてみるか。

<材料>
かぼちゃ:約500g
水:500ml
砂糖:大さじ4
醤油:大さじ1
塩:小さじ1/2

<参考レシピ>
かぼちゃの煮物のレシピ/作り方【白ご飯com】
かぼちゃを丸ごと切る レシピ・作り方【クラシル】

ブログランキングをやっています。ご協力お願いします。


育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です